toggle
2020-06-24

悠遠の家

敷地は阿賀野市笹神地区にある雄大な山々、新潟平野、瓢湖などの自然豊かな場所にあり、若世帯が母屋の世帯と程よい距離を保ちつつも自分たちの暮らしのを大切にするための住宅の設計である。
敷地は周辺環境をどこでも見渡せるほど開けた場所であり、近隣の歩行者などから視線なども考慮しながら、その雄大な景色をどのように暮らしの内部空間へと引き込み取り入れるかを検討した。
また、コスト面でも非常に制約があり、夫婦と子供3人の5人家族をどれだけコンパクトな空間で豊かに暮らせるかも大きな課題であった。空間を豊かにする事、自然をふんだんに取り込むこと、近隣との配慮、などを考慮し、2Fを生活主体とする事として、計画を進めるに至った。


内部空間を豊かにしつつ、各階1台づつの空調で効率よく冷暖房でまかなうべく、
まず手始めに必要最低限の間仕切り、最低限の建具、最低限の階高や天井高におさえることで、部屋同士のつながり、視線の抜け、各室の温湿度環境の均一化を図った。
建具を設けない代わりに、部屋同士をつなぐ開口部はあえて垂れ壁をつけて低く抑え、エッジもRで優しく切り取ることで、部屋が切り替わったことを意識的に感じるよう工夫している。
また、各主要な部屋だけでなく、玄関通り土間や、離れの子供室、畳スペースへの躙り口、階段吹抜、吹抜ベンチ、屋根なりの勾配船底天井などの空間的な要素を各所にちりばめることで、なお一層、空間的なゆとりや豊かさ、広がりと視線の抜けを等を引き出した。
しかし反対に、さまざまの空間要素が加わることで起こる、乱雑な雰囲気を取り払うべく、
内装などは極力シンプルにディティールを極限までそぎ落とし、かつ、無垢材や真鍮、リネンなどの自然素材を取り入れた温かみのある雰囲気を意識した。

『悠遠の家』:専用住宅

 所在地  : 阿賀野市笹神地区
 用途地域 : 無指定
 防火指定 : 無指定
 構造   : 木造軸組金物工法(耐震等級2)
 認定長期優良住宅 Ua値:0.58 [W/㎡K] ηa値:1.8[W/(㎡・K)] 
 階数   : 地上2階
 最高高さ : 7.465M
 最高軒高 : 5.914M
 前面道路 : 4.0M(南側)
 敷地面積 : 173.73㎡
 建築面積 : 67.90㎡
 延床面積 : 96.91㎡(1F:50.52㎡ / 2F:46.39㎡)
 竣工   : 2021年1月13日

 

関連記事